困ったときは弁護士に相談〜早めに解決しちゃいましょう〜

Inheritance lawyer

相談する意味は大きい

交通事故の加害者・被害者になってしまった場合には。

交通事故を起こしてしまった場合,または巻き込まれてしまった場合,まずは加入している自動車保険の会社に連絡しましょう。 簡単な交通事故の場合は,自動車保険会社で十分ですが,人身事故や損害額の大きい交通事故の場合は,保険会社に加えて弁護士の利用をお勧めします。 なぜなら,損害の大きい事故を起こしてしまった場合,事故に便乗して不当な請求をされることが多いため,その請求が法的に支払う必要があるものかきちんと判断してもらう必要があるからです。 また,交通事故に巻き込まれた場合も同様,法的に不当な主張をされることが多いので,法律の専門家である弁護士に判断してもらうことが大切です。 そして,弁護士への連絡はなるべく早めにすることをお勧めします。 弁護士へ依頼する前に,相手方の主張に間違った対応をしてしまうと取り返しがつかないことがあるからです。

事故後には早急に弁護士を見つける必要があります。

交通事故を起こしたり,巻き込まれてしまった場合,まずは,自分が加入している自動車保険会社の保険に弁護士費用特約がついていないかを確認しましょう。 もしこれがある場合は,これを利用すれば報酬を保険から支払うことができます。 仮についていない場合でも,自動車保険会社によっては交通事故に詳しい弁護士を紹介してくれる場合があります。 そもそも今回起こった交通事故が弁護士に依頼する必要があるか分からない場合は,各都道府県にある弁護士会の無料法律相談「法テラス」を利用しましょう。もしくは,市町村がしている無料の法律相談を利用するのもよいでしょう。 とにかく,交通事故起こしてしまったり,巻き込まれてしまった場合は,なるべく早めに弁護士に依頼することが大切です。