万が一の交通事故 | 困ったときは弁護士に相談〜早めに解決しちゃいましょう〜

困ったときは弁護士に相談〜早めに解決しちゃいましょう〜

Inheritance lawyer

万が一の交通事故

交通事故の被害者・加害者にならないようにする。

交通事故の加害者や被害者にはどちらにもなりたくはありませんが、現在の交通社会ではなかなか困難な問題です。犯罪被害者よりも交通事故での死亡者の方がはるかに多いとも言われます。そして、最近では薬物使用者や飲酒した人が、歩行者のいる歩道に突っ込むという無謀な事件も数々発生しています。私たちひとりひとりが注意することはもちろんですが、最近では道路事情や自動車の性能によってこれらが回避できないかが研究されています。道路の信号の表示においても、いままででは自動車と人が同時に行き交うようになっていましたが、現在ではまったくその時間帯を分けて、巻き込み事故を防止しようとするものもありますし、信号機の性能によって、見え方を見やすくするなど、あるいはもともと交差点にしないように立体交差にしていくなど、人と自動車との接近する時間を極力減らすように工夫されてきています。

事故の当事者となってしまった時には。

みなさんは安全運転に努められ、注意を払って運転をしていると思います。それでも、万が一に備えて十分な保険に加入しておくことは大変重要なことです。けれども残念ながら無保険で平気で運転している人たちもいるので、何とかそのような人はいなくできなくならないでしょうか。裁判での解決がすべてではないですが、保険会社の交渉がうまくいかなくなったときには弁護士特約が多くの保険では付されるようになっていて、そのあとの交通事故裁判にかかわるわずらわしさは弁護士という専門家に委ねることがこれから先増えていきそうです。交通事故の増加は結局損害保険の保険料の増加にもつながっているのですが、これも自分たちで何とかカバーしていくほかないのかもしれません。